注文から完成までの流れについて

基本的な流れをチェック

注文住宅を建てるという場合、あらかじめどのような流れで進んでいくのかを、チェックしておくと良いでしょう。まず、最初に行いたいのが暮らしのイメージ作りです。どんな場所で、どのような家に住みたいかなど、まずはイメージを決める必要があります。住宅を建てる土地が無い場合は、土地探しから始めることになります。土地を探して住みたいエリアや予算などが決まったら、施工業者を探して決めましょう。施工業者と契約を行うのと同時に、住宅ローンを申し込んでおくのがおすすめです。住宅ローンには仮審査と本審査があるため、できるだけ早めに申請しておいたほうが、良いと言われています。そして、工事が始まり完成したら竣工検査をして、入居となるのが注文住宅のおおまかな流れとなっています。

どの工程にどのくらいの時間がかかる?

注文住宅は様々な工程を経て完成します。入居する時期をあからじめ決めておいて、いつ工事をスタートさせるかを把握しておくことが大切です。どの工程にどのくらいの時間がかかるのかも、あらかじめチェックしておいたほうが良いでしょう。土地探しにかかる期間の目安は、約3ヶ月から半年程度です。様々なポイントを確認する必要があるので、このくらいの期間はかかってしまいます。土地購入・契約から建物プランニング・設計などに必要な期間は、約1ヶ月から3ヶ月程度と言われています。そして、注文住宅の着工準備から完成までにかかる期間は、約3ヶ月から4ヶ月程度です。ケースによって完成までにかかる期間は、大きく変わるもののある程度の目安を知っておけば、準備を始めるタイミングも把握しやすいでしょう。

建売住宅というのは、建物と土地をセットで販売することです。なお、その販売するタイミングは建物を建てる前と後の両方の場合があります。