注文住宅に必要な広さとは

快適な生活を実現させる

夢のマイホーム購入にあたっては、注文住宅で家を建てるのが最適です。その理由は注文住宅は自分が好きな間取りや好きな資材を使って家を1から作り上げていくことができるからです。一般的な建売の一戸建て住宅ではここまでこだわりの家を手に入れることはできません。
注文住宅で家を手に入れる場合、どれくらいの広さが必要になるでしょう。やはり、多くの人の希望は広い土地に広い延べ床面積になる家を建てることでしょう。
一般的には注文で家を建てる時は敷地面積では30坪以上はあった方が良いです。もちろん、それ以上の土地を用意できれば大きい方が良いです。
住宅展示場に建っている注文住宅の場合は、さらに広い土地に建っている家が多いですが、そこまで広くなくても大丈夫です。

30坪以上でどれくらいの家になるか

一般的に建売の一戸建て住宅でも敷地面積は30坪ぐらいが平均と言えるでしょう。もちろん、都内は土地が高いのでそれより狭い土地に家が建っていることがよくありますが、平均的に考えると30坪ぐらいです。
この程度の広さの土地で注文住宅を建てる場合、どれくらいの間取りとなるでしょう。建ぺい率にも関係してくる話ですが、一般的に考えてみた場合、だいたい3LDKまたは4LDKぐらいの家を建てることが可能です。
これくらいの部屋数があれば、ファミリー世帯でも十分広々とした空間で生活できるでしょう。間取りも自由に設計できるので、さらに部屋数を増やして造ることは可能ですが、30坪程度の土地では部屋がかなり小さくなってくるため、実用的ではありません。

分譲住宅とは、ハウスメーカーなどによって提供され、住宅の形などすべて決められている住宅です。自分で決めることができない分、注文住宅より安価です。