自分好みの住宅を建てるならば、分譲住宅よりも注文住宅の方が適しています。分譲住宅は既に家が完成しているか完成直前のものを購入するため、決定から入居までスピーディです。一方で将来的なリフォームや増築を考えるならば自由にデザインできる注文住宅の方が優れています。

注文住宅を建てる方法

注文住宅は分譲住宅と異なり、工務店やハウスメーカー、設計事務所などに依頼して一からオリジナルな設計を行います。間取りやデザインなどを自由に設計することができます。理想の住宅を建てるには様々なポイントについて考慮する必要があります。

注文住宅の特徴とは

注文から完成までの流れについて

具体的なイメージを固める

理想の注文住宅を建てるには

注文住宅に必要な広さとは

住宅ローンを活用する

間取りを確認する

過ごしやすい家を注文で建てる

自分好みのマイホームに住まないとなかなか快適な暮らしは難しいです。その家庭によって、生活スタイルは異なります。生活スタイルが異なると、家の中の生活動線も異なります。建売の一戸建て住宅では、自分好みの生活動線にピッタリあっている家を見つけるのは困難です。 では、どうすれば理想のマイホームで生活できるかというと、注文住宅で家を建てることです。これ以外には理想通りのマイホームを探すのは困難でしょう。 注文住宅を建てるときに大切にしたいのが、間取りです。家族構成によって間取りも異なってきます。どんな間取りが理想なのかというと、一人に一部屋あれば最高です。しかし、これは現実的にはなかなか難しいかもしれません。 家族数名で生活するなら、夫婦は寝室が一つあれば良いでしょう。夫婦以外に一人一部屋あればベストです。

どれくらいの大きさの家を建てるか

注文住宅で家を建てる時、どれくらいの大きさの土地にマイホームを建てるかによって、間取りも異なってくるでしょう。30坪ぐらいの敷地面積があれば、3LDKぐらいの間取りは十分可能です。 どれくらいの間取りにしたいのかを事前に決めておくことが大切です。間取りを決めておけば、その間取にピッタリあった広さの土地を購入すれば良いです。 土地を購入してから、これくらいの間取りにしたいと言っても場合によっては不可能なこともあります。ですから、土地の購入は間取りが決まってからにしましょう。 今現在の家族の人数だけでなく、将来のことも考えた上で理想的な間取りの注文住宅にするのがベストです。これで、長く住みやすい環境が整います。

自分の住みたい家ができる注文住宅

注文住宅とは、お家の設計の段階から、建設会社の設計士などと打ち合わせを行い、間取りや照明・キッチン・建具を決めていく方法です。